なぜあなたは禿げる夢を見るのか?なにかの前兆でしょうか?将来禿げるストレスや不安を抱えていませんか?

人は就寝中、交感神経から副交感神経へとスイッチが切り替わります。すると蓄積されたあらゆる感情や記憶が浮かび上がってきて、それが夢として表出することになります。中には夢を全く見ないという健康的な人もいますが、逆によく夢を見る人には、今の自分の中で無意識レベルで抱えているストレスや感情といったものが夢となって発露している場合がほとんどです。

一言で夢と言っても実に様々なものがありますが、その中でも禿げる夢を見てしまった人もいることでしょう。これは笑い話として処理する人もいるかもしれませんが、その一方で禿げる夢を見たということは自分自身の中で無意識レベルで何らかの不安やストレスを抱えてしまっている可能性があります。それが種となってムクムクと成長して夢として結実しているのかもしれません。

それは例えば日常のささいなことをきっかけに起こりえます。親や親類に禿げが多いので遺伝的に自分にもその遺伝子が受け継がれているのではないかといった不安であったり、入浴時の洗髪でこの頃頭髪の抜け毛の量が多くなってきたという気づきがあったり、さらに鏡の中の自分の毛髪の量が明らかに以前に比べて減っているという事実であったり。もしかするとこう言った自分の中での細やかな気づきや悩み、疑問などと言ったものが無意識の中で具体的なビジョンとなって本人に禿げる夢を見させているのかもしれません。

特に人間は自分にとって都合のいいものしか目にしないという特性を持った生き物です。そのため、明らかに禿げる兆候があってもそれをあえて見ていない、認めたくないといった感覚が働き、それが不安やストレスを生み出している可能性もあります。そのためしょっちゅう禿げる夢を見ている人がいるなら、その人はまずは自分自身についてもう一度改めて客観視してみることが必要でしょう。

あるいは、思い切って薄毛診療クリニックなどを受診してみて禿げの兆候の有無について検査を受けてみると良いでしょう。その結果、もしも問題があれば早期に対処することができますし、何もなければ不安が払拭され、もう禿げる夢など見ることも無くなるかもしれません。

若ハゲ克服は可能?絶対はげたくない人の為の情報サイト