時短で簡単な調理法

>

電子レンジで揚げ物からお菓子まで何でも作れる

進化する電化製品

調理系の電化製品と言えば電子レンジをまず思い浮かべる方が多いと思いますが、もちろんそれだけではありません。
電気ケトルやホットプレート、サンドイッチメーカーや電気圧力鍋など、様々な電化製品があります。最近では、トーストも目玉焼きもコーヒーも一度に作れるという「ブレックファーストメーカー」というものもあるそうです。これらを上手く活用すれば、朝の忙しい時間も少しゆとりが出来ることでしょう。
これらを上手く活用するまでには時間がかかるかもしれませんが、使いこなせれば相当な時間の節約につながります。
こうして節約できた時間を何にあてるかで、時短調理器具も活かせるでしょう。休憩時間にあてるも良し、その他の朝の準備の時間にあてるのも良いですね。

手軽で簡単な調理器具

時短の為にピーラーやスライサーを使うのはもはや主婦の常識とも言えると思います。
ピーラーを使えば包丁よりも薄く皮をむくことが出来、スライサーを使えばキャベツの千切りもあっという間に出来ます。
そして時短の為に必要な物は器具だけではありません。夕飯に使う野菜を切っておくだけで、帰宅後の手間が格段に省けます。
そしてその切り置き野菜を保存しておくのに便利なものが、タッパーやジップロックといった保存容器です。
基本透明な容器や袋なので、中身が一目で分かります。帰宅して、一から調理を始めるよりも手間も時間もかかりません。
時短調理というものは、こうした道具を有効に活用していくことが重要なのです。器具だけで時短になるわけではないので工夫してこれらを利用していきましょう。


この記事をシェアする

トップへもどる